眠れずに悩んでいるあなたが不眠症解消するための基礎知識

踏み台で運動して不眠解消

不眠解消法としてやっているのが、運動です。
眠りたいのに眠れない…ツライ不眠症を解消する方法とは?

 

段差を使い、上がったり、下がったりを繰り返します。

 

これがとっても良い運動になるのです。

 

脚を使うことが、やはり疲れやすくなりますね。

 

そこで、階段ではいちいち行くのも大変ですし、家族が使うのに邪魔になってしまいます。

 

そんな時には、段差運動ができる踏み台のような形をしたダイエットグッズを買いました。

 

3,000円ほどで買えるもので、これに片方の足をのせて、そして下ろすを繰り返しました。

 

朝、起きてから10分間、昼に10分、夜に10分です。

 

みなご飯を食べる前にやりますと、より疲れを取り除くことができます。

 

10分程度でないと、足や腰などにも負担がかかるので、気をつけたいところです。

 

もっと良いのが、脚立です。

 

組み立て式の脚立なのですが、この段差を上がっては下がるを10分間やります。

 

もっと不眠解消効果を上げたい時には、素早く動くのがポイントです。

 

それから夜、お風呂にゆっくりと30分程度も入りますと、かなり疲れて眠れます。

 

お湯は少し熱めにして入るのがポイントです。

 

首までしっかりと入り、リラックスさせるのがコツです。

 

寝る前には軽くストレッチをすると、より不眠解消となります。

 

手足を軽く動かしたり、首を左右にゆっくりと回してあげることで、よりその効果を上げます。

マッサージをして不眠症解消

 

不眠症解消なら、マッサージをするのが良い方法ですね。

 

オイルを足先から脚にかけて塗り、上にかけてマッサージをしていくんです。

 

足の裏から甲、ふくらはぎ、太ももの順にかけてオイルをしっかりと塗り、両手で挟むようにしてマッサージをします。

 

この方法で血流が上へと流れるので、新陳代謝が良くなります。

 

すると、眠くなるんです。

 

丁寧、じっくりと脚だけでも10分程度はマッサージをしたいものですね。

 

そして、お尻、お腹、胸にかけてマッサージもしていきます。

 

お風呂で体を温めてからやると、より効果的です。

 

最後に、顔のマッサージもするといいです。

 

頬からオデコまで、丁寧に手でクルクルとマッサージをしましょう。

 

できたら、頭皮のマッサージもすると、より不眠症解消になりますね。

 

指先で頭皮を掴むようにして、トントンと軽く揉むようにして手を動かしていきます。

 

特に、頭皮のてっぺんからツムジにかけてしっかりとやりますと、より効果的です。

 

首の後ろの部分を指で軽く押したり、肩を前後にそれぞれ30回ほど回してあげます。

 

ツボマッサージはなかなか効き目があります。

 

そして、肩を回してあげることで、より気持ちよく寝ることができるようになります。

 

腰もグルグルと大きく左右に10分程度回すと、より疲れて眠れます。

不眠症解消は寝る前に決まる。

 

不眠症解消は、寝る前にほぼ決まります。

 

例えば、寝る前にスマホやテレビ、ゲームなどすると寝つきがよくありませんし脳が興奮しいます。

 

コーヒーやお酒もよくないです、ですから寝る間にできるだけリラックスしてないといけません。

 

それでも寝れない日はありますね、そこであとは環境だと思います。

 

まずは寝る部屋ですが、真っ黒だとよくないですね、薄暗いほうがよくてライトなどの薄明かりをつけておくといいです。

 

それに布団などで枕を高くしておくのもいいですね、寝るときは仰向けよりも横になるほうが息がしやすいですので寝やすくなります。

 

においなども置いておくのも効果がありますね、ダイソーなどにあるラベンダーのオイルやお香などでリラックスします。

 

しかし何と言ってもやはりお風呂が一番ではないかと思います、お風呂で体の中から温めてしばらくすると体温が下がってきますのでその時が一番眠くなりますのでそのまま寝れます。

 

また寝れないと思って余計寝ようとすると帰って寝れません、それよりは起きて息抜きをしたほうがリラックスして寝れるようになるのです、時計など見て寝れないと思ったら起きたほうがいいと思います。

 

いつも通りに体を動かして緊張を和らげたほうがいいですね。